営業日を火~土曜日(日・月曜日休み)に変更しましたm(__)m

肩こりが原因の頭痛の対処法とは?整体に出来ることをご説明します

肩こりが原因の頭痛の対処法とは?整体に出来ることをご説明します

頭痛の種類は沢山あります。

その中で、肩こりが原因になっている頭痛があります。

院長

肩こりが原因になっている頭痛は、整体でも対処が可能です。

この記事では、肩こりが原因になっている頭痛の対処法と、整体で出来ることをご説明します。

目次

肩こりが原因の頭痛の対処法とは

頭痛の種類

頭痛は、大きく分けて、一次性頭痛と二次性頭痛に分類されます。

一次性頭痛と二次性頭痛

一次性頭痛:原因が明確にわからない頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)

二次性頭痛:原因が分かる頭痛(頭部の怪我・脳血管疾患・感染症等による頭痛)

「国際頭痛分類第3版(ICHD-3)日本語版 参照」

肩こりが原因の頭痛のメカニズム

肩こりが原因の頭痛は、緊張型頭痛に分類されます。

院長

緊張型頭痛というのは、頭や首肩の筋肉の緊張が原因と考えられる頭痛のことです。

緊張型頭痛の原因とメカニズム

国際頭痛分類第3版(ICHD-3)日本語版によると、「緊張型頭痛の正確なメカニズムは不明である」と記載されています。

ですが、「緊張型頭痛の患者において 、触診による頭蓋周囲の圧痛の増強は最も重要な異常所見である」とも記載されています。

緊張型頭痛は、頭や首肩の筋肉の緊張の強さが、判断基準として重要だと考えられています。

「国際頭痛分類第3版(ICHD-3)日本語版 参照」

では、なぜ頭や首肩の緊張が強くなり、頭痛になるのでしょうか?

西洋医学での説明はここまでですが、整体的に考えると、もう少し説明することが出来ます。

ストレス・目の使い過ぎによる後頭下筋群の緊張が原因

首の付け根の部分に、後頭下筋群という筋肉があります。

院長

緊張型頭痛の方は、首の付け根がグッと締め付けられている感じがすると思いますが、その時緊張しているのが、後頭下筋群です。

この後頭下筋群というのは、全身の筋肉の中でも、色々なセンサーが豊富で、敏感な筋肉です。

そして、特に精神的なストレスや、目の使い過ぎに反応して、緊張が強くなりやすい筋肉です。

この後頭下筋群の緊張だけでも、首や後頭部が締め付けられる感じがして不快なのですが、さらに神経の絞扼やけん引も加わり、頭痛が起こります。

院長

後頭下筋群の緊張によって、首から頭に走行する神経が締め付けられたり、引っ張られたりして、頭痛が起こります。

精神的なストレス・目の使い過ぎ⇒後頭下筋群の緊張⇒神経の絞扼・けん引⇒緊張型頭痛の発生

猫背姿勢による神経のけん引・絞扼が原因

猫背姿勢になると、頭の位置が前に出て、肩が内側に巻きこみます。

猫背の原因についてはこちら

その際に、副神経・肩甲挙筋神経・肩甲下神経・肩甲上神経といった神経が、締め付けられたり、引っ張られたりします。

神経は締め付けられたり、引っ張られたりすると、その神経が支配する筋肉が緊張するので、首や肩の筋肉が緊張します。

この首肩の筋肉の緊張は、後頭下筋群はもちろん、頭の筋肉や顎の筋肉に緊張を伝えてしまいます。

その結果、緊張型頭痛が起こります。

猫背⇒神経の絞扼・けん引⇒首肩の筋肉の緊張⇒頭や顎の筋肉の緊張⇒緊張型頭痛の発生

手や前腕部の筋肉の緊張が原因

手や前腕の筋肉というのは、肩の筋肉や頭や首の筋肉とつながりがあります。

ですから、手や前腕の筋肉が緊張すると、肩や首や頭の筋肉に緊張が伝わり、緊張型頭痛が起こります。

院長

デスクワークや長時間車を運転する方は、手や前腕の筋肉がとても緊張しています。

手の筋肉の緊張があると、リラックスが出来ないので、頭痛の方だけでなく、肩こりや自律神経失調症の方もほぐす必要がある箇所になります。

デスクワーク・車の運転⇒手・前腕の筋緊張⇒頭・首・肩の筋緊張⇒緊張型頭痛の発生

トリガーポイントが原因

筋肉のコリの中には、トリガーポイントと呼ばれるコリがあります。

トリガーポイントは、他の部分の痛みの原因になるという特徴があります。

緊張型頭痛の痛みの原因になっているトリガーポイントは、胸鎖乳突筋という首の横にある筋肉に出来ることが多いです。

胸鎖乳突筋のトリガーポイント⇒緊張型頭痛の発生

肩こりが原因の頭痛の対処法

肩こりが原因の頭痛の対処法は、まず頭・首・肩の筋肉の緊張を解消する必要があります。

そのために必要なことは、姿勢の改善・筋緊張の緩和・精神的なリラックスです。

姿勢の改善

頭痛に関する姿勢の改善のポイントは、頭の位置と肩の位置です。

肩の位置は、肩の関節が内側を向き肩甲骨が外側に移動していますので、胸を開き肩甲骨を内側に寄せる必要があります。

また、頭の位置は、前に移動していますので、後ろに移動させる必要があります。

姿勢を改善させるための運動としましては、出来るだけ上を向いて、肩甲骨を内側に寄せる運動が良いです。

筋緊張の緩和

筋緊張を緩和させるには、運動・ストレッチ・マッサージが効果的です。

セルフケアで出来る範囲は、自分で行い、自分では難しい範囲は、マッサージや整体を受けることで筋緊張を緩和すると良いです。

精神的なリラックス

精神的なリラックスは、後頭下筋群の緊張や、手・前腕の筋緊張を緩めます。

緊張型頭痛の改善には、精神的なリラックスが非常に重要なので、ホッと一息つける時間を作りましょう。

整体における肩こりが原因の頭痛への対処法

整体に出来ることは、体の機能の改善です。

整体に効果についてはこちら

肩こりが原因の頭痛の場合には、筋肉の緊張の改善関節の機能を改善することによる姿勢の改善神経の機能の改善です。

筋肉の機能の改善

肩こりが原因の頭痛の場合には、後頭下筋群・胸鎖乳突筋・僧帽筋・肩甲挙筋・頭板状筋といった筋肉の機能を改善することによって、頭痛が改善されます。

また、手や前腕部、あごの筋肉に緊張がある場合には、一緒に機能改善を行います。

院長

首や肩の筋肉をほぐすことで、神経も解放され、頭の締め付け感や痛みが改善されます。

関節機能の改善による姿勢の改善

肩こりが原因の頭痛のある方は、頭の位置が前に出て、肩が内側に巻き込む猫背姿勢になっています。

猫背姿勢は、骨盤~背骨・肋骨・肩甲骨・肩の関節・肘の関節などの硬さがが原因になっています。

整体では、関節の機能を回復させることで、猫背姿勢を改善します。

そして、猫背姿勢が改善されると、首や肩の筋緊張や、神経の締め付け・けん引が緩和され、頭痛が改善されます。

神経機能の改善

神経の機能の改善というのは、猫背姿勢や筋緊張によって、締め付け・けん引されている神経を開放することです。

また、緊張型頭痛の方は、自律神経の交感神経が優位に働き、ストレスフルな状態になっています。

ですから、自律神経の調整も行い、交感神経の過剰な働きを抑えることも必要です。

肩こり頭痛まとめ

頭痛の種類

一次性頭痛:原因が明確にわからない頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)

二次性頭痛:原因が分かる頭痛(頭部の怪我・脳血管疾患・感染症等による頭痛)

肩こりが原因の頭痛のメカニズム

・肩こりが原因の頭痛は、緊張型頭痛

・頭・首・肩の筋緊張が原因

・整体的に説明すれば、後頭下筋群の緊張・猫背姿勢・手や前腕の筋緊張・トリガーポイントが原因

肩こりが原因の頭痛の対処法

・姿勢の改善、筋緊張の改善、精神的ストレスの改善

整体での肩こりが原因の頭痛の対処法

・首肩周りの筋緊張の改善、手や前腕やあごの筋緊張の改善

・関節の機能改善による猫背姿勢の改善

・神経の締め付け、けん引からの解放、自律神経の交感神経の過剰は働きを抑制

肩こりでお困りの方は、おゆみ野(鎌取)のいまい整体院へ

おゆみ野(鎌取)の整体ならいまい整体院

おゆみ野(鎌取)の整体なら「いまい整体院」のスマホ用ヘッダー画像

・千葉市緑区おゆみ野(外房線鎌取駅から徒歩3分)

・院長一人の隠れ家整体院

・肩こり、腰痛、五十肩、膝痛、姿勢のお悩みの方はご相談ください。

・営業日時:月~土曜日(日曜日休み) 10時~21時まで

・料金:5000円(90分)

目次
閉じる