2月は通常営業。日曜日・月曜日が定休日。

千葉市で産後の手のしびれにお悩みの方へ

このページはいまい整体院の院長が「産後の手のしびれ」にお悩みの方に向けて書いたページです。

・産後の手のしびれの原因は?
・どう対処したらよいの?
・整体は効果があるの?

※こういった疑問をお持ちの方に向けて書かせて頂いています。

A子さん

産後の育児をしていたら、手がしびれきてしまいました…

院長

産後には腱鞘炎やばね指にもなりやすいですが、手がしびれてしまう方もいらっしゃいます。

産後の手のしびれは、腱鞘炎やばね指と同じように、なるべく早期に対処した方が経過が良いです。

産後の腱鞘炎は、手首や指の付け根の痛みです。
ばね指というのは、指を伸ばす時に引っ掛かりを感じ、無理に伸ばそうとするとばねのように、指がバチンと伸びる症状です。
一方で、産後の手のしびれは、親指~薬指辺りのしびれやつまみ動作(ボタンを留めるなど)のやり辛さです。

産後の腱鞘炎・ばね指に関しましてはこちら

産後の手のしびれの原因

産後の手のしびれの原因で一番多いのが、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)です。

手根管症候群というのは、手首の部分を通過する正中神経が締め付けられて、親指~薬指の辺りがしびれる症状です。

院長

悪化すると、つまむ動作(ボタンを留めるなど)が行いづらくなることもあります。

夜間や朝方に指にしびれや痛みを感じることも多いです。

産後の手根管症候群の原因は?

産後の手根管症候群は、ホルモンの影響や浮腫みなどが原因といわれています。

私の経験では、ホルモンの影響かはわかりませんが、多くの方が肘から手にかけて浮腫みがありますので、浮腫みの影響はかなりあると考えています。

また、肘から先が浮腫んでいるということは、肘から先のどこかで循環障害(血流やリンパの流れが悪い)があるということなので、その原因を探します。

多くの方は、育児で肘から先の筋肉を使いすぎて、筋肉が過緊張し(筋肉がパンパンになる)、腕や手の内圧が高まることで、血管やリンパ、神経を圧迫することが原因だと考えられます。

産後の手のしびれの対処法

産後に手のしびれを感じた時には、まずは整形外科(手の専門医)に行くことをお勧めします。

院長

手のしびれは手根管症候群だけが原因ではないので、まずは整形外科(手の専門医)で原因をハッキリさせることが大切です。

原因が手根管症候群であれば、状態に応じて、薬物療法・装具(サポーター)・注射療法などが行われます。

整形外科と整体では、改善が出来る病態が違います。
痛みはじめの急性期には、炎症を抑える整形外科での治療が有効であることが多いです。
一方で、整体では、慢性化してしまった病態に対して、施術が有効であることが多いです。

産後の手のしびれに対するいまい整体院の整体

いまい整体院では、産後の手のしびれに対して整体施術を行っています。

院長

産後の手のしびれには重症度があり、親指の付け根の筋肉が痩せてしまっていたり、感覚の障害(触れた感じが鈍かったり、感覚がない)が強くなければ、対処が可能です。

整体施術で重要なポイントが、神経を締め付けてしまっている原因にしっかり対処することです。

多くの方は、腕や手の筋肉の使い過ぎによって、筋肉がパンパンになり、神経を締め付けています。

筋肉の過緊張状態を緩めて、腕から手の循環を良くすることが先決です。

その上で、手を含めた全身の機能障害がみられる部分に対して、整体を行うことで、産後の手のしびれが改善していきます。

産後の手のしびれにお悩みの方へのメッセージ

産後の手のしびれは、腱鞘炎と同様に、育児の忙しさの中で、慢性化重症化してしまうことが多いです。

ですが、なるべく早く対処した方が経過が良いことも事実です。

ですから、何よりもお子さんの育児を万全の状態でするために、手のしびれにはお早目の対処をお勧めします。

いまい整体院の研究室

いまい整体院の研究所(症状一覧)

いまい整体院の研究室では、あなたがお悩みの症状について、私の考え方や整体方法をご説明しています。

院長

自分の症状について知り、適切に対処すれば、多くの症状か解決しますので、是非一度ご覧ください。