5月は通常営業。日曜日・月曜日が定休日。

千葉市で肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘)にお悩みの方へ

この記事はいまい整体院の院長が「肘の痛み(テニス肘・ゴルフ肘)」でお悩みの方に向けて書かせて頂いています。

・肘の痛みの原因は?
・肘の痛みには色々あるけど整体で対処できるか?
・いまい整体院では肘の痛みを良くすることができるのか?

※こういった疑問をお持ちの方に向けて書いています。

肘の痛みには、スポーツや運動で痛むテニス肘ゴルフ肘野球肘と、日常生活で痛む肘の痛みがあります。

院長

私の経験上は、ほとんどの肘の痛みの原因は共通しています。

肘の痛みの原因が外傷(ケガ)でなければ、ほとんどの肘の痛みが整体で対処出来ます。

肘の痛みの種類

肘の痛みは、スポーツや運動での痛みと、日常生活での痛みがあります。

スポーツや運動での肘の痛み

テニス肘

テニス肘は、肘の外側が痛くなる症状です。

院長

テニスをする人に多く発症することから、テニス肘と呼ばれています。

正式には、上腕骨外側上顆炎と言います。

ゴルフ肘

ゴルフ肘は、肘の内側が痛くなる症状です。

院長

ゴルフ肘は、実際にはゴルフ以外のスポーツで起こることも多いです。

正式には、上腕骨内側上顆炎と言います。

野球肘

野球肘は、投球動作の繰り返しにより起こる肘の痛みのことを言います。

院長

野球肘は、様々な組織の炎症や損傷が原因になっているため、早期に整形外科に行くことが大切です。

日常生活での肘の痛み

日常生活での肘の痛みは、テニス肘、ゴルフ肘のように、肘の外側と内側に起こることが多いです。

院長

日常生活で負担のかかる部分が痛くなります。

肘部管症候群

肘部管症候群は、前腕の小指側や、小指がしびれる症状です。
肘部管症候群は、神経の圧迫が原因になっているため、放っておくと、手が動かしずらくなったり、手の筋肉がやせてきてしまうことがあります。
ですから、肘から小指のラインがしびれたり、違和感がある場合には、放っておかず、すぐに整形外科に行きましょう。

整体の観点から考える肘の痛みの原因

整体の観点から考えると、肘の痛みの原因は、肘の関節の位置がズレた状態で肘を使いすぎることにあります。

院長

肘の関節の位置がズレた状態で肘を使うと、肘の周辺組織や筋肉に痛みが出ます。

肘の関節の位置がズレるのは、同じ動作ばかりを繰り返し行うことが原因です。

いまい整体院での肘の痛みに対する整体

肘の痛みは、肘の関節の位置のズレを修正して、正しい位置で肘が動けるようにすることが重要です。

院長

スポーツの肘の痛みも、日常生活での肘の痛みも、原因は同じです。

野球肘の場合には、炎症や組織の損傷が起こっていることがあるため、一度整形外科に行くことをお勧めします。

肘の痛みがなかなか治らないという方がご来院されますが、その方の肘の状態をみると、肘の関節の位置が修正されていないことがほとんどです。

炎症や、組織の損傷がなければ、肘の関節の位置を修正することで、肘の痛みが良くなります。

肘に炎症や組織の損傷がある時に整体は有効か?

肘に炎症や組織の損傷がある時には、もちろん整形外科での治療が優先です。
ですが、数か月間痛みが続いていたり、整形外科では炎症は治まっている・組織の損傷が治っていると言われたのにもかかわらず痛みが続いている時には、整体が有効であることが多いです。
その場合には、肘の関節の位置のズレが痛みの原因になっています。

肘の痛みに悩んでいる方へのメッセージ

肘の痛みの多くは、動かさなければ、力をいれなければ痛くはないため、放っておく方もいらっしゃいます。

ですが、肘の痛みはそのままにしておくと、肩の痛みや手首の痛みにつながることも多いです。

また、スポーツ時の肘の痛みは、運動のパフォーマンスに大きく影響します。

ですから、肘の痛みにはしっかりと対処しましょう。

まずは整形外科に、そして炎症や組織の損傷がなければ、いまい整体院にご相談ください。

また、術後でリハビリを行っても痛むひじ痛や、数年間放っておいて肘が伸びなくなってしまった方も、一度いまい整体院にご相談ください。

あなたのご来院をお待ちしています。

いまい整体院の研究室

いまい整体院の研究所(症状一覧)

いまい整体院の研究室では、あなたがお悩みの症状について、私の考え方や整体方法をご説明しています。

院長

自分の症状について知り、適切に対処すれば、多くの症状か解決しますので、是非一度ご覧ください。