2月は通常営業。日曜日・月曜日が定休日。

千葉市で腰痛にお悩みの方へ

このページは、いまい整体院の院長が「腰痛」にお悩みの方に対して書いたページです。

・いくつかの腰痛の対処法を試したが効果がなかった方
・整体は腰痛に効果があるのか?と考えている方
・自分の腰痛はいまい整体院で解決ができるのか?と考えている方

今まで色々試してきて、腰痛に対して効果がなかった方は、腰痛の解決に諦めの気持ちもあるかもしれません。

ですが、腰痛が解決しない原因の多くが、適切な対処を行っていないことにあります。

院長

適切な対処ができないのは、自分の腰痛の原因がわからないからです。

いまい整体院では、どんな腰痛でも解決が出来る訳ではありません。

ですが、私が原因を把握できる腰痛であれば、整体で解決することができます。

これからご説明させて頂く腰痛に当てはまる方であれば、いまい整体院で腰痛を解決できる可能性がありますので、ご興味のある方は、是非一度ご覧ください。

腰痛とは

腰痛とは、その名の通り腰が痛い状態のことを言います。

腰痛には整形外科の検査で原因がわかる腰痛と、原因がわからない腰痛があります。

整形外科の検査で原因がわかる腰痛

腰痛に対して整形外科では主に、MRIやレントゲン等の画像診断を行います。

院長

画像診断を基に腰痛の原因を判断します。

画像診断によってわかるのは、腰の状態です。

画像診断でわかるのは、椎間板ヘルニアがあること、脊柱管狭窄症があること、圧迫骨折があることなど、今の腰の状態です。

画像診断では、今の腰の状態は分かりますが、腰の痛みの原因は分かりません。

A子さん

レントゲンやMRIでは腰痛の原因がわからないんですか?

院長

はい、画像診断では今の腰の状態は分かりますが、なぜ腰が痛いのかという腰痛の原因がわかりません。

ですから、画像診断で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があっても、症状がない人がいたり、症状が画像診断と一致しない人がいます。

画像診断では、レッドフラッグと呼ばれるすぐに病院で対処するべき腰痛を発見することが重要視されます。

画像診断で重要視されるのは、腰痛の原因ではなくて、すぐに手術が必要な腰の疾患や、骨折など安静が必要な腰の疾患を発見することにあります。

腰痛の方は、危険な腰痛を見逃さない為に、一度整形外科に行くことをお勧めします。
特に、痛みの強い場合下肢にしびれを伴う場合高齢者の急な腰痛スポーツをしている若年者の腰痛の場合には、すぐに整形外科を受診しましょう。

腰痛の85%は原因がわからない非特異的腰痛

医学的に原因がわからない腰痛を非特異的腰痛といい、その割合は85%であると言われています。

院長

整体の立場から言うと、医学的な検査では原因がわからない腰痛が85%あるということだと思います。

医学的な画像診断で原因がわかる腰痛は15%ほどで、残りの85%は画像診断では原因がわかりません。
ですが、これは原因がないのではなくて、画像診断という調べ方では原因が見つからないという、原因の探し方の問題です。

非特異的腰痛と呼ばれる医学的には原因不明な85%の腰痛は、医学的な画像診断ではない原因の探し方をする必要があります。

A子さん

以前病院で、腰が痛いのに「特に異常はみられない」と言われたのは、画像診断では原因がわからない腰痛だったからなんですね。

非特異的腰痛に対する原因の探し方

非特異的腰痛に対しては、医学的な画像診断以外の原因の探し方をする必要があります。

主には、姿勢や動きの観察筋肉や関節などの組織への触診・動きの検査などです。

院長

このような原因の探し方をすると、腰痛の原因が見つかります。

いまい整体院の腰痛に対する整体

いまい整体院では、上記しましたように、腰痛の方は一度整形外科に行くことをお勧めします。

院長

整形外科に行った結果、異常がみつからなかったり、リハビリや経過観察を提案された場合には、いまい整体院で解決ができる腰痛の可能性があります。

いまい整体院では、整形外科で異常が見つからなかったり、特に対処が行われなかった腰痛に対して、姿勢や動きの観察、筋肉や関節などの組織への触診・動きの検査を行います。

こういった検査を行い異常が見つかれば、いまい整体院で腰痛が解決できます。

いまい整体院で解決ができる腰痛

・整形外科で異常が見つからなかった腰痛
・姿勢や動きに異常がみられる腰痛
・筋肉や関節に異常がみられる腰痛

いまい整体院で解決ができる腰痛は、筋・筋膜性腰痛仙腸関節性腰痛椎間関節性腰痛神経が原因の腰痛に分類されます。

筋・筋膜性腰痛

筋・筋膜性腰痛は、腰部にある脊柱起立筋や、深い位置にある多裂筋といった筋肉が原因になっている腰痛です。

私の経験では、筋・筋膜性腰痛は他の腰痛と併発していることが多い印象です。

院長

例えば、椎間関節や仙腸関節の動きが悪くなっていることによって、腰部の筋・筋膜に負担がかかるといったことが多いです。

仙腸関節性腰痛

仙腸関節というのは骨盤にある関節です。

仙腸関節性腰痛は、腰よりも骨盤やお尻のあたりに痛みがあることが多いです。

また、下肢にも痛みやしびれを発生させることがあります。

院長

仙腸関節性腰痛は、下肢にも痛みやしびれを発生させることがあるために、坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と間違われることがあります。

私の経験上、ほとんどのギックリ腰は仙腸関節性腰痛だと思われます。

椎間関節性腰痛

椎間関節性腰痛というのは、腰の背骨にある関節が原因の腰痛です。

腰痛の方で、椎間関節性腰痛の方は多いです。

院長

座る姿勢が悪い方に多いです。

神経が原因の腰痛

最近、上臀皮神経による腰痛がテレビで紹介され、問い合わせを頂くことがありました。

私の経験上、上臀皮神経が単独で悪くなっていることは少なく、仙腸関節の動きが悪くなることで、上臀皮神経が引っ張られていることが多いです。

また、上臀皮神経以外にも、中臀皮神経や外側大腿皮神経など、神経が原因になっている腰痛は多いです。

腰痛に悩んでいる方へのメッセージ

腰痛に関しましては、対処法に関する情報が多すぎるために、自分に本当に必要な対処法がわからなくなっています。

ですが、腰痛の解決には対処法ではなくて、自分の腰痛の原因を把握することが大切です。

そのためには、一度整形外科に行き自分の腰の状態を確認しましょう。

そして、整形外科で特に異常がみつからなければ、いまい整体院で解決ができる腰痛である可能性があります。

いまい整体院には、このように整形外科では特に異常が見つからなかった方が多数ご来院されます。

そして、私なりに検査をさせて頂き、私が異常を把握できた場合には、その腰痛は解決することが出来ます。

自分の腰痛の原因がよくわからずに、どうしてよいかわからない方は、是非一度いまい整体院にご来院ください。

いまい整体院の研究室

いまい整体院の研究所(症状一覧)

いまい整体院の研究室では、あなたがお悩みの症状について、私の考え方や整体方法をご説明しています。

院長

自分の症状について知り、適切に対処すれば、多くの症状か解決しますので、是非一度ご覧ください。