営業日を火~土曜日(日・月曜日休み)に変更しましたm(__)m

四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の原因とは?整体での対処法をご説明します。

四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の原因とは?間違えない為の対処法

四十肩・五十肩の方の中には、腕にまで痛みやだるさが出る方がいらっしゃいます。

この腕の痛みやだるさは、四十肩・五十肩と関係していて、しっかりと対処することで、四十肩・五十肩の改善にもつながります。

この記事では、四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の原因と、整体での対処法をご説明します。

目次

四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の原因

四十肩・五十肩というのは、通称で実は多くの病態があります。

四十肩・五十肩の病態についてはこちら

そうした中で、腕にまで痛みやだるさが出る場合には、首から指先にかけてのどこかで、神経・血管が圧迫やけん引(引っ張られている)されている可能性があります。

院長

神経・血管というのは、圧迫されたり引っ張られたりすることで、痛み・だるさ・しびれなどの原因になります。

神経の圧迫・けん引

四十肩・五十肩の時には、首や胸や脇の下の筋肉の緊張が強くなります。

また、四十肩・五十肩の時には、肩が強く巻き込みために、胸の前やわきの下の神経の通り道が狭くなります。

その時に、筋肉の間を通っている神経を圧迫したり、引っ張ったりすることがあります。

すると、肩の痛みだけでなくて、腕に痛みやだるさが出ることがあります。

院長

この症状を胸郭出口症候群と言います。

また、上腕二頭筋(力こぶの筋肉)や肘の関節にも硬さや動きの悪さがあると、肘より先にも痛みやしびれが出ることがあります。

血管の圧迫による血流不足

四十肩・五十肩の時には、肩の巻き込みが強くなるため、鎖骨の下や脇の下にある血管を圧迫してしまうことがあります。

院長

鎖骨の下や脇の下には、腕に行く太い血管が通っています。

血管が圧迫されることで、腕の血流が悪くなると、痛みやだるさが出ることがあります。

A子さん

血流が悪くなると痛みやだるさが出るんですか?

院長

はいそうです。

誰でも一度は、朝起きた時に自分の腕を枕替わりにしていて、腕がしびれたり、だるくなっていた経験があると思います。

人間の体は、血流が悪くなり酸素不足になると、痛みやだるさといったサインが出るようになっています。

四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の整体での対処法

四十肩・五十肩で腕が痛い・だるい時の整体での対処法をご説明します。

四十肩・五十肩に対する整体での対処法はこちら

筋肉の緊張を緩和する

腕の痛みやしびれの原因になっている筋肉の緊張を緩和します。

特に、首の斜角筋、胸の小胸筋、わきの下の広背筋・大円筋、腕の上腕二頭筋・上腕筋などの筋肉に対してアプローチします。

筋肉の緊張が緩和することで、神経・血管への圧迫やけん引が緩みます。

A子さん

筋肉がゆるむと、腕の痛みやだるさが解消されるんですか?

院長

はい、解消されます。

神経や血管というのは、筋肉の間をすり抜けるようにして通っています。

筋肉が緊張すると、その通り道が狭くなって、神経や血管を圧迫したり、引っ張ったりします。

ですから、筋肉の緊張がゆるむと、神経や血管の通り道が広がって、神経や血管への圧迫やけん引がゆるみ、腕の痛みやだるさが解消されます。

肩関節のズレを矯正する

四十肩・五十肩では、肩の関節が前にズレます。

院長

四十肩・五十肩の人は、猫背の状態で体が固まっていて、巻き肩の状態になっています。

この状態で、生活していると、肩の関節が段々前にズレてきてしまいます。

肩の関節の前へのズレを矯正することで、筋肉の緊張も緩み、巻き肩が解消されて、腕の痛みやだるさが改善されます。

神経・血管の圧迫けん引を解消する

筋肉の緊張を緩め、肩の関節のズレを矯正した後は、神経や血管自体を調整します。

神経・血管の調整方法とは?

神経や血管というのは、体の表面に出てきている部分があります。

その部分では、体表から触ることが出来るので、調整が出来ます。

神経や血管は、筋肉などの組織の間を滑るようにして動くのですが、状態が悪くなると、組織にくっついた状態になり、滑る動きが制限されます。

滑る動きが制限された神経や血管は、姿勢や動きによって負担がかかるようになります。

整体での神経・血管の調整では、組織にくっついてしまった神経・血管を開放して、組織間を上手く動けるようにします。

神経・血管は、胸の小胸筋の下や脇の下で、障害されることが多く、この部分の調整を行います。

また、指先や前腕部の神経に対しても、調整を行います。

腕の痛みやだるさのある四十肩・五十肩は放っておかない方が良い

「四十肩・五十肩は放っておいても良くなる」といったことが言われます。

ですが、放っておいても良くなる四十肩・五十肩は極一部で、ほとんどは適切な対処が必要です。

特に、腕の痛みやだるさの伴う四十肩・五十肩は、放っておかない方が良いです。

何故かと言えば、神経や血管が障害されている可能性があるからです。

神経や血管の障害は、長期間続くと、筋肉の機能に影響が出てきます。

ですから、四十肩・五十肩の時に、腕の痛みやだるさを伴う場合には、放っておかずに、適切に対処しましょう。

四十肩・五十肩の適切な対処方法はこちら

四十肩・五十肩腕が痛い・だるいまとめ

四十肩・五十肩の時の腕の痛み・だるさの原因

・四十肩・五十肩の時の腕の痛み・だるさは、神経・血管の圧迫やけん引が原因

四十肩・五十肩の時の腕の痛み・だるさの対処法

・筋肉の緊張を緩めることで、神経や血管が上手く動けるようにする

・肩の関節のズレを矯正することで、巻き肩を解消する

・神経・血管が、他の組織にくっつき、動けなくなっている状態を開放する

おゆみ野(鎌取)の整体ならいまい整体院

おゆみ野(鎌取)の整体なら「いまい整体院」のスマホ用ヘッダー画像

・千葉市緑区おゆみ野(外房線鎌取駅から徒歩3分)

・院長一人の隠れ家整体院

・肩こり、腰痛、五十肩、膝痛、姿勢のお悩みの方はご相談ください。

・営業日時:月~土曜日(日曜日休み) 10時~21時まで

・料金:5000円(90分)

目次
閉じる