5月は通常営業。日曜日・月曜日が定休日。

産後の手のしびれの原因とは?

産後の手のしびれの原因

産後の子育ての中で、手がしびれることがあります。

院長

産後の手のしびれは、手根管症候群という手首の部分で神経を圧迫してしまうことで起こる症状である可能性があります。

手根管症候群は慢性化すると回復に時間がかかるため、早期の対処が必要です。

目次

産後の手のしびれの原因

産後の手のしびれの原因はいくつかありますが、一番多く起こるのが手根管症候群です。

手根管症候群とは

手根管症候群というのは、手首の部分にある神経の通り道が何らかの原因で狭くなり、神経や血管を圧迫することで、手にしびれが起こる疾患です。

院長

しびれの他に、手に力が入り辛くなる症状も起こることがあります。

しびれは親指から薬指の半分に起こることが多く、親指の力が入り辛くなります。

A子さん

育児で忙しいので病院に行く暇がないのですが、放っておかない方が良いのですか?

院長

はい、産後の手根管症候群は自然と治ることも多いですが、重症化慢性化してしまう人もいるため、早期に対処した方が良い疾患です。

まずは整形外科の受診を優先し、経過が悪い場合や授乳・育児の関係で薬物療法や注射が出来ない場合には、整体で対処が可能ですので、ご相談ください。

その他の原因

産後の手のしびれの原因は、手根管症候群が多いですが、手だけでなく腕の部分もしびれていたり、だるさがある場合も多いです。

その場合には、腕の付け根の前の部分で神経を圧迫する胸郭出口症候群や、腕の付け根の後ろの部分で神経を圧迫する腋窩神経障害などが考えられます。

また、肘の部分での神経圧迫も原因として考えられます。

産後の腱鞘炎・ばね指にも注意

産後の手根管症候群の方は、腱鞘炎やばね指も併発していることがあります。

産後の腱鞘炎・ばね指も、手根管症候群と同様に、早期の対処が必要な症状です。

産後の腱鞘炎についてはこちら

目次