年始1/5(木)から営業しています。

産後の腰痛の原因と対処法

産後の腰痛の原因と対処法

産後に腰痛になる方は多いです。

産後の腰痛は、育児に影響するために、なるべく早期に解決した方が良い症状です。

この記事では、産後の腰痛の原因と対処法をご説明します。

目次

産後の腰痛の原因

産後の腰痛の原因として一番多いのが、骨盤の緩み(仙腸関節の機能異常)による腰痛です。

産後にはホルモン分泌の影響で、骨盤が緩い状態にあります。

骨盤が緩い状態だと、荷重や力の伝達が上手くいかない為に、骨盤の関節(仙腸関節)や、恥骨(恥骨結合)に負担がかかり、腰痛になります。

また、育児の負担によって腰の筋肉や関節が疲労することで、腰痛が起こることもあります。

院長

出産時の細菌感染による腎盂腎炎の際にも、腰が痛くなります。

腰痛に加えて、発熱がある場合にはすぐに病院に行きましょう。

腰痛の原因が骨盤の緩みにあるのか確かめる方法

腰痛の原因が骨盤の緩みにある場合には、骨盤ベルトをすると腰痛が楽になります。

骨盤には仙腸関節という関節と、恥骨結合という結合部がありますが、妊娠~産後にかけてこの部分が緩い状態になります。

骨盤の緩みが腰痛の原因の場合には、仙腸関節や恥骨結合が緩んでいます。

骨盤ベルトをすると、緩んだ仙腸関節や恥骨結合が締まり、機能が改善されます。

すると、腰痛が楽になるため、原因が骨盤の緩みにあることがわかります。

一方で、骨盤ベルトをしても腰の痛みが変化しない場合には、腰痛の原因が他にあることがわかります。

産後の腰痛の対処法

産後の腰痛の対処法をご説明します。

骨盤の緩みが原因の場合

骨盤の緩みが原因の場合には、整体院や整骨院で行っている産後の骨盤矯正が有効です。

手技によって、仙腸関節や股関節の機能異常を改善することで、腰痛が改善します。

また、骨盤ベルトも有効です。

院長

骨盤の緩みが腰痛の原因の場合には、骨盤ベルトをすると腰痛が楽になります。

今は100均のお店でも簡易的な骨盤ベルトが売っていますので、試しに100均のお店で骨盤ベルトを購入し、腰痛が楽になるようなら、しっかりとした骨盤ベルトを使用すると良いです。

育児の疲労が原因の場合

育児の際には前かがみになる機会が多くなります。

すると、腰の筋肉や関節に負担がかかり、腰痛になることがあります。

腰の筋肉や関節の疲労が原因の腰痛は、腰の筋肉をマッサージしたり、ストレッチをすることで改善します。

院長

マッサージ店に行ったり、セルフケアを行う場合には、仰向けで腰にテニスボールを当ててゴロゴロすると良いです。

一方で、育児の疲労が原因の場合には、腰に負担がかかってくると腰痛が再発することも多いです。

根本的には、育児の際の姿勢や体の使い方の改善が必要になります。

育児の際の腰痛対策

・布団ではなくベットを使用して前かがみになる機会を減らす

・骨盤ベルトを使用する

・前かがみの際には、腹筋に力を入れて腰の力をなるべく抜く

・こまめに伸びをする

・クッションを使用する

おゆみ野(鎌取)の整体ならいまい整体院

おゆみ野(鎌取)の整体なら「いまい整体院」のスマホ用ヘッダー画像

・千葉市緑区おゆみ野(外房線鎌取駅から徒歩3分)

・院長一人の隠れ家整体院

・肩こり、腰痛、五十肩、膝痛、姿勢のお悩みの方はご相談ください。

・営業日時:火~土曜日(日・月曜日休み) 10:00~20:30まで

・料金:5000円(90分)

目次